ホーム>スタッフブログ
オンラインショップ

スタッフブログ

レオパックってすごい!!

こんにちは。

6月に入り、梅雨の季節ですね。

 

さて、早速なんですが、レオパックの魅力について説明します。

レオパックなんですが、生コンにレオパックをいれると生コンが柔らかくなるんです!!

普通粉状の物を入れると固くなるイメージなのですが、これは柔らかくなるので不思議です。

(スランプが大きくなる。)

しかも袋ごと入れちゃうんですよね。

アルカリで溶ける袋らしいんです。

加水しなくて柔らかくなるんで安心

 

201766101236.jpg

ご購入される方でお急ぎの方は当社へ直接お電話お待ちしております。

029‐841‐3748

それ以外のかたは、

http://www.hirose-kenzai.com/shop/products/list.php

Yahoo!よりお買い求めください。

https://store.shopping.yahoo.co.jp/hirose-kenzai/

バラ売りもお買い求めいただけます。

http://www.hirose-kenzai.com/shop/products/detail.php?product_id=3

どうぞよろしくお願いします。

今日も暑いです!

こんにちは。

だんだん暑くなってきましたね。

 

さて、カネミツさんのコテについてですが、

形がほぼ一緒で少し紛らわしいのですが、よく売れている商品があるのでご紹介します。

「道路面引」「面木面引」どちらも「本焼」です。

どちらも本体の長さは150mmです。

どちらも曲がりの角度は135°です。

 

 

 

「道路面引」は内側に角が丸くなっている「内丸」、

内側が角になっている「内角」(無面)があります。

内丸サイズは3・6・9m/mがあります。

 

2017529114450.JPG

 

2017529114510.JPG

 

2017529114538.JPG

 

「面木面引」は内側の角はすべて角になっています。

こちらのコテのサイズ表記は角度を付けた所の長さ表記があります。

角度を付けた所の長さが、10mm、15mm、20mm、25mm、30mm

 

2017529114622.JPG

 

2017529114730.JPG

 

201752911481.JPG

 

2017529114841.JPG

 

2017529114821.JPG

 

「面木面引」15mmと「道路面引」の内角はほぼ同じようですが、

折れた所の長さが微妙に違うようです。

 

実際の施工では分からない範囲だと思います。

 

以上、カネミツさんのコテについてでした。

分からないことがあれば、コメントお待ちしております。

 

 

4月に入りました!

はじめましてこんにちは。

廣瀬建材に今年新入社員として入社しました。

これからどうぞよろしくお願いします!!

さて、これから雨が増えてきますね。

ぬかるみにRC40はいかがですか?

RC40はお安くとてもみんなに喜んでもらってます。

弊社は土浦市にありますが、つくば市からとても近いです。

配達も可能となっております。

是非、お気軽にお立ち寄りください。

 

RC40はこちらからお買い求めできます。

20174711123.JPG

20174711835.png

小型ミキサー車 納入しました!

3tミキサー車納入しました。

トン・トン・トン・トン日野の・・・・

で、お馴染みの日野の3tミキサー車納入しました。

これで、弊社の㎥(リューベ車)が、合計3台となりました。

三菱 2t車        (22号車) 

日産ディーゼル(UD) 3t車 (15号車)

日野自動車 3t車     (19号車)

 

お問い合わせの多い車両サイズ記載します。

三菱 2t車 高さ2.8m 幅1.7m 長さ4.95m

UD 3t車 高さ2.8m 幅1.88m 長さ5.43m

日野 3t車 高さ2.8m 幅1.88m 長さ5.3m

 

狭い現場でも更にスムーズに納入できるよう、これからもがんばります。

よろしくお願いいたします。

201692018544.JPG201692018623.JPG20169201879.JPG

凍結防止するにはどうすればいいの?

「冬の生コン打設、どうすれば凍らないの?」

防凍剤(耐寒剤)を入れるのがいいのか?
どのくらい強度アップすればいいのか?
早強セメントを使えばいいのか?

毎年、1月~2月はこのようなお問い合わせが多くなります。

この茨城県南地域ですが、都内と比較すると1~2℃気温が低いです。日陰となるともっと低くなります。
打設時の気温や風、日照状況、地盤の状態、施工方法、養生方法により一概には「こうすれば凍らない。」と、一言では言えません。

生コンが凍って初期凍害するとコンクリートがボロボロになり、きちんと固まりません。
この地域ですと、コンクリート全てがボロボロになるより、表面がカサカサになる状態が多いようです。

そこで、外構工事職人のN様とT様のご協力により、実験をしました。

日時

2014/2/5 この日は雪の降った次の日。
天気は晴れ。しかし、北風が吹いておりました。
打設開始時刻13:00~15:00 気温3℃
おさえ時間(ブリーディング水が退いた頃)は19~20時頃になりました。

打設場所

当社倉庫裏の日の当たらない場所

実験内容

配合は3種類で行いました。
・18-21-20N
・21-12-20N
・24-18-20N

防凍剤の添加量も各配合にて3種類の比較をしました。
使用耐寒剤:ボース耐寒剤
・0%
・3%(通常添加量、耐寒温度 零下5℃±1)
・6%(通常添加量の2倍添加、記載説明では零下10℃±1)
このパーセントは防凍剤の使用説明に記載してある「セメント重量」に対する添加量です。

養生マットの有無

写真向かって左半分を養生マットで覆いました。
下記写真撮影時に左半分の養生マットを下にずらして撮影しました。

実験状況(当日)

2016726161655.jpg
2016726161712.jpg
2016726161725.jpg
2016726161747.jpg
2016726161758.jpg
2016726161810.jpg
2016726161930.jpg

N様、T様おつかれさまです。
この時間(19~20時)、気温マイナス2℃。地面の温度マイナス8℃。コンクリート表面温度マイナス5℃。
養生マット下のコンクリート温度2~3℃でした。
養生マットを敷くと0℃にならないので、施工してるN様も驚いておりました。

次の日の状態

18-18-20N
添加量は枠に記入してあります。

写真向かって左半分は養生マットを敷いておりました。
硬化状態を分かりやすくするため、写真では下に養生マットをずらして撮影しました。

2016726162141.jpg
2016726162156.jpg
2016726162210.jpg

21-12-20N

2016726162414.jpg
2016726162430.jpg
2016726162443.jpg

24-18-20N

2016726162548.jpg
201672616260.jpg
2016726162615.jpg

やはり、強度は高くしたほうがいいですね。
養生マットは必需品ですね。表面がきれいですね。
防凍剤は多いほうが安心ですね。

その後の硬化状況や強度結果は後ほど!

輸送中の暑中対策

当社、数多くの生コンの暑中対策の一つとして、輸送中の暑中対策についてご紹介いたします。

現在、当社では3種類のミキサー車ドラムの暑中対策をためしております。

1.遮熱塗装(熱反射型)
2.ドラムクーリングカバー
3.遮熱塗装(熱交換型)(リンク先の新聞記事は当社のミキサー車です)

*上記、詳細はリンク先を参照してください。

現在27台中、半数以上の15台に遮熱対策をしたミキサー車にて運搬しております。
 

2016726132241.jpg

初期、熱反射タイプ遮熱塗料

2016726132316.jpg

シールデザイン変わりましたね。

2016726132357.jpg

ドラムクーリングカバー
3年目なので、黄色の色あせ&ドラムの錆が目立ってしまいました^^;

2016726132427.jpg

熱交換塗料タイプ

ドラムクーリングカバーはうだるような暑さのとき、輸送時間40分(渋滞なし)で、
生コン温度が1℃下がったのを確認したときは、驚きました。
クーリングカバーはこの中で一番効果がありますね。
その代償としてのドラムのメンテが必須ですね。

 

 

いい感じ(^.^)

朝の太陽が好きなのですが、きれいな夕日だったので思わずパシャ!

2016726132057.jpg

いいですよ!

これはいいかも

お徳ですね

レーザーレベル。

三脚付きみたいですよ。

http://www.topcon.co.jp/positioning/products/product/laser/rlh4c.html

2016726131927.jpg

いいね!

e-mixer たぶん、茨城県内 1号機!!かな?

なかなか、よい(^.^)

2016726131827.jpg

生コンとは

コンクリートはマンションや住宅、施設や公園、橋やダムといった様々な場面で利用され、現代の建材素材としてなくてはならないものです。「生コン」とよく聞かれるかと思いますが、生コンとは何か、改めて聞かれるとよくわからない人が多いのではないでしょうか。
ここでは、現代の生活に欠かせない「生コン」についてご紹介いたします。

生コンとは

「生コン」とは、正式名称を「レディーミクストコンクリート」と言い、固まる前のコンクリートのことです。コンクリートは、セメント、砂利、砂、水、混和剤を混ぜたものです。工場で生産された生コンの品質を落とさないよう、かくはんしながら移動するミキサー車で運びます。

生コンの歴史

日本では1949年(昭和24年)11月15日に初のコンクリート工場ができ、生コンも登場しました。それまで生コンがまだない時代は、工事現場でコンクリートの材料を配合し練り合わせて作っていました。現場でのコンクリート作りは大変手間がかかり、品質にもムラがありました。しかし工場で生コンが作られるようになってからは、機械によって同じ量の材料を同じ加減で練り混ぜることができるので、品質も一定に保つことが可能になりました。現場での大変な作業が工場でできるようになったので、現場での作業を減らすことができ、また費用も安く済むようになりました。

生コンの性質

硬化前の生コンは柔軟性があるため、様々な形に姿を変えることができます。そのため様々な建築デザインにも対応できますし、あらゆる型に打ち込むことができます。生コンが固まり実用化できるようになるまでは数日必要です。配合や季節などにより硬化速度は異なるので、用途に合わせて種類を選ぶ必要があります。地震や長期使用にも耐えられるよう「強度」が大切な事項の一つとなります。

茨城県土浦市にあります当社では、強度もあり使いやすい生コンを販売しております。土浦市をはじめ、つくば市、牛久市、龍ヶ崎市、取手市、つくばみらい市、その他、石岡市や稲敷市、下妻市の一部地域も対応しております。茨城県の生コンを取り扱う建材屋をお探しの方はぜひご利用ください。