輸送中の暑中対策

当社、数多くの生コンの暑中対策の一つとして、輸送中の暑中対策についてご紹介いたします。

現在、当社では3種類のミキサー車ドラムの暑中対策をためしております。

1.遮熱塗装(熱反射型)
2.ドラムクーリングカバー
3.遮熱塗装(熱交換型)(リンク先の新聞記事は当社のミキサー車です)

*上記、詳細はリンク先を参照してください。

現在27台中、半数以上の15台に遮熱対策をしたミキサー車にて運搬しております。
 


初期、熱反射タイプ遮熱塗料


シールデザイン変わりましたね。

ドラムクーリングカバー
3年目なので、黄色の色あせ&ドラムの錆が目立ってしまいました^^;


熱交換塗料タイプ

ドラムクーリングカバーはうだるような暑さのとき、輸送時間40分(渋滞なし)で、
生コン温度が1℃下がったのを確認したときは、驚きました。
クーリングカバーはこの中で一番効果がありますね。
その代償としてのドラムのメンテが必須ですね。

 

2022年10月
« 2月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031